丸山広樹 最新丸山式ペラページアフィリエイトは別に最新ではない!?

こんばんは!!折原です。


最近テレビを見ていたら

漫画本を扱うネットショップが取り上げられていたのですが

結構年季の入った雑居ビルで本を保管しており

そのビルの屋上で社長が何故か野球の素振りをやっているような

変わった会社でした(笑)


「どうして社長は素振りをしているんだろう?」

という話を別にしたかった訳ではなく、

従業員は10数人程度で、しかも漫画しか取り扱っていないにも関わらず

一ヶ月に1億数千万円の売上を出している

その販売方法が興味深かったんですね。



その販売方法というのが

このネットショップで漫画全巻セットを購入すると

その全巻が収納出来る、

しかも作者の描き下ろしイラストが入った

オリジナルの収納ボックスがオマケで付いてくるんですね。




その漫画を知らない人でも、

「ちょっといいなぁ・・」って思いますよね?


この狙いはウマくはまったようで

これを導入してから全巻セットの売上が20倍になったそうです。


この箱代に関してはネットショップが負担しているようなので

1セットあたりの利益は減ってしまったそうなのですが

売上が20倍になれば、十分リターンを得られていますよね。


つまり社長は既存の商品にうまく付加価値を与えたんですね。


しかしセット販売ならではの課題もあるのですが

それについては次回の記事で話したいと思います。


本当はこのネットショップについてもっと話したいのですが

これ以上続けるとこちらがメインの話になりそうなので

いい加減に本日の案件についてご紹介します。




【特商法上の表記】

販売会社:アカデミアジャパン株式会社

代表取締役:石田 健

所在地 :〒106-0032 東京都港区六本木6-1-24ラピロス六本木5階

URL:http://sys.acadj.net/maruym/op3/



時代を逆行するノウハウ


今回紹介する丸山さんの最新丸山式ペラページアフィリエイトは

案件の名前からだいたい想像出来ると思うのですが

その名の通り

内容の薄いペラペラのサイトを増産することで

収益を上げていくことを目的としたサイトアフィリエイトです。



実はこれは昔に流行った手法なんですね。


アフィリエイト初心者の方には

あまり馴染みがないかも知れませんが、

記事作成って結構時間を使っちゃいます。


だからネタを考えたり、文章の表現方法を考えたりする

煩わしい部分を出るだけ排除しようと

コピペやテンプレートで記事を量産してしまい

Googleのシステムの裏をついて

不当に検索順位を上げることが昔は可能でした。


こういうズルい手法をブラックハットSEOと呼んでいるのですが

それも2011年にGoogleが行ったパンダアップデート

と呼ばれる対策がされてからは通用しなくなっちゃったんですね。


つまり中身の薄いサイトは圏外に飛ばされるようになりました。


なのでキャッチコピーだけを見ると

それらと同様の今は稼げないノウハウのように感じますが

実際はどうなのでしょうか?




実際に行っていることは王道


「ペラページ量産は昔稼げたが、今は無理、以上!!」

といった感じでこの案件を終わらせているレビューが多いですが

それだけだとこの案件の本質を捉えているとは言えないので

もう少し丸山さんの手法を動画から読み取ってみます。




広告を決めて、キーワードを決めて、サイト作って、SEo対策

ってまぁ別にこれに限らずアフィリエイトの王道ですね。


キーワードも競合の少ないものを探すのですが

これもアフィリエイトの基本ですね。


で一体そのひとつのキーワードを狙ったサイトにおいて

ペラページってどれくらいの量なのかというと

だいたい1000文字以上の文章を作成しているようです。


ちなみに今あなたが読んでいるこの記事は

この時点で約1400文字程度で、

丸山さんはこの程度の文字数で数ページ(最大で10ページ)まとめたものを

ペラページと読んでいますので

本当にペラペラの文字数が少ない1ページだけのサイトを想像していた人にとっては

まぁまぁなボリュームではないでしょうか?



1ページ作成に1時間程度かけているようなので

1サイト5ページと仮定すると、それだけで5時間かかってしまいます。


そして気になるSEo対策ですが

ひとつのサイトに対してワードプレスで作成したブログから

10本程度のリンクを送っているようですので

ブラックハットSEO全盛期に数百もリンクを送っていたサイトに比べれば

被リンク数が特別多い訳でもありませんが、

被リンクのために、サイトとは別にある程度ブログも量産する必要があります。


そして1サイトあたりに稼げる金額はバラバラですが

だいたい月収2、3万円とか10万円とかで

あとはサイト数を積み重ねることで合計で月収100万円に達成する感じです。


まぁ、もう既にお気づきになられていると思いますが

キャッチコピーでペラページと謳っているこの案件ですが

何のことはない、アフィリエイトの基本に忠実なノウハウですね。


ちなみに動画では例として、丸山さんが2時間弱で作成した

5年間に渡って毎月約2万円稼いでいるサイトが紹介されていますので

一応リンクを載せておきますね。

⇒丸山さんが作成したアフィリエイトサイトに飛びます



ペラページに拘る必要はない


ペラページと呼ばれるサイトを量産して

1サイトあたりの報酬は少ないが、リスクを分散する

という考えは全然悪くないと思いますが

もう少しサイト数を減らして、大きな資産の柱を何個か作る

というだけでもある程度のリスク分散は可能です。


というのもペラページを量産すると、

どうしても色々な分野に手を伸ばすことになるので

その度に情報収集をする必要がある分

意外と時間がかかってしまうんですね。



この辺は本当に好みの問題だと思いますが

私は何個もキーワードとかを考えたりする方が面倒くさい人間ですので

まぁまぁなサイトをある程度コツコツ育てて、

たまにメンテナンスを施す程度の方が自分には合っています。


ですので別にこのノウハウに拘らず、

自分にあったアフィリエイトの仕方を進めればよいかと思います。



メンターとして少し不安


ペラページという簡単に稼げそうなキャッチコピーに

勘違いして飛びついた情報弱者は

実際の作業量の多さに挫折してすぐに諦めてしまいますので

ちょっと紹介の仕方は良くないですね。


丸山さんもスタッフを雇って取り組んでいる程です。


でもそれよりも私が不安に思っていることは

このオファーで新たな塾生を募集しているようですが

「丸山さんはきちんと教えれるのかなぁ?」

ということです。


動画を見ていた方なら感じたと思うのですが、

丸山さんとインタビュアーの話がうまく噛み合っていませんでした。




石田さんが言葉を補足して

何とか動画として成り立っているレベルです。


丸山さんは確かに稼げる能力を持っているのかも知れませんが

その丸山さんから塾生がノウハウを受け取ろうと思うと

ある程度頭の回転がよくて、コミュニケーションスキルの高い必要があります。


つまり丸山さんはメンタースキルに不安があります。


いくら本人が稼げても

それを弟子に伝えることが出来なければ全く意味を成しませんからね。


それが私がこの案件をオススメ出来ない一番の理由です。


まぁ無料オファー内の動画を見るだけはタダですから

全くのアフィリエイト初心者であれば学べることもあると思いますので

動画を見るだけならいいと思いますが。


泉さんくらい好条件の方であれば、私もオススメしたんですけどね。

⇒泉さんの案件の記事へ飛びます


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますので、

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。



One Response to “丸山広樹 最新丸山式ペラページアフィリエイトは別に最新ではない!?”

  1. はごろもフーズ より:

    確かにこの人が講師だとちょっと不安・・・

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ