佐伯真人 サラリーマンの逆襲プロジェクトは取り敢えずやめとけ!?

こんばんは!!折原です。


この記事を読み終わった後でも構いませんので

下記記事にも是非目を通して頂ければ幸いです。

⇒今私がオススメしている案件の記事に飛びます。


今この記事を見ているサラリーマンの方に伺いたいのですが、

あなたはサラリーマンであることを有利に感じたことはありますか?


そりゃまあフリーターに比べれば社会的信用も有り、

ローンを組み易いという利点もあるかも知れませんが、

それ以上にネガティブなことがあるから

あなたは今この記事にたどり着いたのだと思います。



会社を辞めたいと常に思っているサラリーマンであれば

少し惹かれてしまうキャッチコピーの案件です。




【特定商取引法に基づく表記】

販売業者:株式会社K.RTRuang

代表責任者:小西玲太朗 , 大森寛之

所在地:神奈川県茅ヶ崎市浜須賀2-5 K.RTR inc.内

URL:http://krtruang.com/cp/salaryman01/



サラリーマンの特権を生かすビジネスモデル


今回の案件は

サラリーマンであることを利用して稼ぐ

というビジネスモデルで

佐伯さんも現役サラリーマンであることを最大限に生かして

二ヶ月で2000万円という大金を稼ぐことに成功したそうです。


このLPでメールアドレスを登録した後に飛ばされるページでは

「300人のサラリーマンを集め、サラリーマンのカリスマを育成する」

ということを謳っていますが、

これは社畜を育てる意味と捉えてよいのでしょうか?(笑)



結局やることはネットワークビジネス


そして今回の案件を販売している業者ですが

下記のようなものを過去に販売していました。





このトレーニングプログラムはどのような内容かと言うと

販売者に140万円を支払うことで、

その業者の商材の販売権利を得ることが出来る
という

典型的なネットワークビジネスでした。


つまりプログラム参加者達は

最初にとてつもない大金を払う必要があり、

それを取り返すために

他の人にも同じように140万円を払わせて

同じような仲間を作っていかなくてはならないんですね。


ネットワークビジネスとは

支払う金額と同等の価値がある商品

を販売する分にはまだいいですが、

この商材がどう考えても価値よりも高い値段と

判断される場合には「ねずみ講」

つまり犯罪となります。


今回の案件を進めていくと

LINEやFacebookにおける

専用のグループへ勧誘される
ことが分かっていますので

今回もそのようなネットワークの影が見えますね。




まず何のツテもないネットワークビジネス初心者が

このような商材の販売先として一番に出てくるのは

親戚や友人等の、自分の身の回りの親しい人達になります。


ネットワークビジネスと言えば聞こえはいいですが

売っているものが何であれ

世間一般的にこのようなビジネスはやはり

ねずみ講のような悪いイメージがある
ため

それをあなたが勧めてくるのですから

普通の方は良くは思わないんですね。


法律でいくらセーフの内容であったとしても

セールスを受ける側が嫌な思いをしたら、それはもうダメです。


こんな怪しいものを販売すること自体難しいのですが

もし仮に売れたとしても

その代わりにあなたは大切なものを失うでしょう。


それにあなたが販売をすることで

同じような思いをする人を量産してしまうのです。


こんな不幸の連鎖に加わってはいけません。


今回は300人を募集していくと謳っていますが、

恐らくは洗脳しやすそうな人達のみを厳選し

そのネットワーク内へ誘い込み

色々な刷り込みを行い、教育(洗脳)を繰り返すことで

最終的に待っているのがこの140万円のバックエンド商品でしょうね。



サラリーマンは洗脳しやすい


佐伯さんはサラリーマン300人を集める真の目的は

・サラリーマンの社会的地位向上。
・そして、意識の改革&向上。
・潜在的に皆が持つであろう、いろいろな「欲」を呼び覚まし、開眼させること。


と3つ掲げていますが

所詮サラリーマンはどこまで行ってもサラリーマンで

自身の時間を切り売りしてお金に変えていることに変わりはありません。


会社はあなたの時間を最低限の安い値段で買い取っているだけで

もしあなたが会社に費やしている時間と努力を

ネットビジネスに費やせるのであれば、

もっと大きな金額を簡単に稼げるというのに

とても勿体無い商売をしているのと同じだと私は思います。


LPではサラリーマンとフリーランスを比較して

サラリーマンの方が時間的、金銭的、精神的に余裕がある

というように説明していますが

それはどんな低いレベルのフリーランスと比較しているのだろう?

とちょっと笑ってしまいました(笑)


基本的にどの余裕もサラリーマンには有りません。


時間と精神は特にそうですが、

勘違いしやすい金銭面に関しても同じで

会社は倒産し、そうでなくてもリストラのリスクもありますので

たまたまあなたがその対象になっていないだけで

その会社一本に生活をかけるなんて

少し考えただけでも恐ろしいことです。



佐伯さんはカリスマのサラリーマンを育成するとも言っていましたが、

とても良く出来たサラリーマンとは

「会社の都合の良いように使える人」ということです。




あなたがいくら仕事が出来たサラリーマンだとしても

ちょっとでも上司があなたをウザく感じれば

それだけの理由で昇進も出来ないし

あなたを辞めさせるように働きかけてきます。


会社は仕事が多少出来なかったとしても

毎日真面目に会社に出勤し、

こちらの言うことを何でも素直に聞いてくれる


そんな人の方がずっと使いやすいんですよね。


つまり会社側が洗脳しやすい人達ということです。


これでなぜ今回の案件の対象がサラリーマンなのか

もうお分かりになったと思います。


当然私はオススメしませんよ。


この案件を見て少しでも悩む時間があるのであれば

私が冒頭でオススメしている案件の動画を見ている方が

ネットビジネスをする上でずっと勉強になりますね。


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますので、

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ