今田正則 株式会社やどかり 旅億ビジネスで稼げるか徹底レビュー

こんばんは!!折原です。


家電でも何でも購入するときは

どうせなら、より良いものを手に入れたい

と思うのが普通ですよね?


でもその商品についての知識が乏しい場合は

自分で色々と調べたり、詳しい人に聞いたりして

やっとその商品の価値が分かるというものですが

そんな面倒なことに時間をかけなくても

簡単にモノの価値を見極める方法があることを

恐らく皆さんは既に知っていると思います。


それが商品の価格です。


実はこの考え方って、

とてもシンプルで便利なのですが

決して賢い判断とは言えません。


例えば、

目の前に似たような2つの商品があれば

「値段が高い方が、安い方よりも価値があるはず」

という安かろう悪かろうの考えが

人間の判断基準をワンパターンにしちゃっています。


まぁプラセボ効果のように

特売の薬よりも、定価で購入した薬の方が効果があった

という実例も確かにあるのですが

正直、商品を販売する側にとっては

このような思考が強い人程、カモに出来るのに適した人はいません。


いつまでも売れない商品の価格を敢えて上げるだけで

不思議なことに全て売れてしまうことを知っているからです。


当然、情報業界においても

安かろう悪かろう精神では損をすることが多く

高くても稼ぐことが出来ない膨大な商材の中に

下記のような、安くでも稼げる優良な商材やセミナーは隠れているものです。

⇒アフィリエイトの基礎を学びながら稼ぐ教材

⇒今だけ情報業界の裏稼ぎ手法を破格で知れるセミナー


少しずつでも良いので、情報を見る目を養って

良質な情報を選別できるように心がけてください。


【特定商取引法に基づく表記 】

販売者:ハイパーマーケティングホールディングス株式会社

運営責任者:加藤行俊

所在地:東京都中央区入船2丁目2番地14 U-AXIS 6階

URL:http://tabioku.jp/lp/thanks_seminar/





Airbnbで稼ぐ民泊ビジネス


今回レビューするのは

今田正則さんと上武岳さんが手がける旅億ビジネスで

ビジネスモデルとしてはAirbnbと呼ばれる

いわゆる民泊ビジネスですね。


今回の無料オファーはLPで興味を惹いてセミナーへ参加してもらい

そこから高額案件へ誘導することが目的ですが

過去にも上武さんは塚本桂という別の名前を使って

Airbnbのセミナー案件を流していました。


まぁ同様の案件を名前を変えて宣伝している時点で信用出来ませんが

過去のAirbnbセミナーの内容に関しても

「会社で副業がバレない方法」

というレベルの内容から説明をしちゃったので

限られたセミナー時間に対して詰め込みすぎな感じがありました。


それでもAirbnbというのは説明するには簡単なビジネスモデルで

個人が所持している空き部屋に宿泊してもらう

主に外国人観光客向けの宿泊施設として脚光を浴びているサービスです。


別に外国人観光客だけでなく

一般的なホテルよりも格安なことから

地方へ旅行する日本人なんかも普通に利用しており

本人確認書類と顔写真が必要になってきますが

一度登録してしまえばAirbnbのスマホアプリで簡単に予約出来ます。



実はあまり儲からないAirbnb


そしてこの旅億ビジネスにおいて

今田さんが謳っているAirbnbの特徴が下記です。


①時代の流れに乗っている
②不労所得になる
③場所に束縛されない
④時間に束縛されない
⑤在庫を持たない
⑥利益率が高い
⑦今すぐにスタートできる



時代の流れに乗っているというのは大切なことですが

これって重要なのは「乗る」こと自体にあるのではなく

乗った時期が、「早いのか、遅いのか」

というタイミングについて議論すべきことですよね。


稼げる物件を先に抑えられていては面白くありません。


また、2020年の東京オリンピックまではいいですが

それが終わったらどうしますか?

とか、

ジェットコースターの勢いで人口が現象する日本において

長く続けていけるビジネスなのか?

といったように、少し先も見据えてビジネスを取り組む必要があります。


あと利益率が高いっていう特徴がありますが

株式会社ヤドカリという今田さんが手がけるAirbnb運用代行サービス

のサービス料金を参考にすると、

月額料金は清掃費を差っ引いた金額から

さらに25%も取られてちゃうんですね。





つまり一泊1万円の宿泊費用が取れる物件だとしても

清掃代を3000円とした場合に

残った7000円から25%が更に取られて

手元に残るのは5250円になります。


これに首都圏の平均稼働率70%で計算した場合

30日 × 70% × 5250円 = 110,250円

というのが一ヶ月の売上に当たり

一泊1万円も取れる都内の物件であれば、

家賃は10万円を超えるでしょうから、

利益としては、かなりカツカツの計算になるのが理解出来ると思います。


稼働率が下がれば赤字ですね。


ちなみに今は株式会社ヤドカリのHPに表記されていませんが

以前はスタートアップ費用として598,000円も必要でしたので

初期資金がある程度必要になります。




実は私も以前近所でAirbnbを利用して

友人たちとパーティーという名の飲み会を行っていましたが

足りない備品をオーナーから当日にAmazonで買って送ってもらったり

他にも不備があったという理由で半額返金にしてくれましたので
(特に変なイチャモンをつけて返金を誘導した訳ではないです・・・)

実際の出費は、理論よりも更に上をいっているでしょう。


このやり取りを代行してもらうオプションなんか付けたら

もう利益なんか簡単に消えちゃいますよね。


ですので、

Airbnbを利用することはオススメしますが、

Airbnbで稼ぐことはオススメしません。




実際に儲かるのは代行業者


先程稼働率が70%で計算しておいて何ですが

「年間180日までしか営業出来ない」

という国が民泊の新法で営業日数を制限する動きが昨年からあり

早ければ今年から運用されるとも言われているんですね。




というか既に海外のオランダでは120日に制限されていて

これのお陰で、普通にやっていても絶対に稼げなくなります。


民泊ビジネス実践者にはとんでもないニュースですが

きちんと営業許可をとってビジネスをしている旅館を考慮すれば

然るべき措置かと個人的には思いますね。


さてここで疑問なのですが、

こんなに分かりやすいマイナスのニュースが既に出ているのに

「民泊は儲かる」

という情報を今でも多く見かけるのはどうしてでしょうか?


それは清掃や運用代行等のサービスを提供している

代行業者が儲かるからですよね。



どんなビジネスでもそうですが、

アメリカのゴールドラッシュ時にスコップやバケツを売ったり

インフラを整えたりした人が安定して稼げたという話のように

大きなリスクを取って稼ぎに行く人よりも

その人の心理や行動を利用して稼ぐビジネスが一番安定して稼げます。


要するに、

「稼ぎたい人」と「稼げるもの」の間に上手く入りさえすれば

美味しい思いが出来るということです。



その入り方は色々ありますが

アフィリエイトなんかで言うと

「商品を販売したい人」「商品を購入したい人」

を繋げるようなビジネスモデルで

実はこれが一番優秀だったります。


というのも今田さんが掲げていたAirbnbの7つのメリットに加えて

「初期投資がほとんど必要無い」

「在庫が無限にあるので、いくらでも販売出来る」


という、とても大きなメリットがありますので

まさにローリスクハイリターンですね。


だからもしネットビジネス初心者さんが

Airbnbを今から始めようとしているのであれば

私はそれを止めて、今からアフィリエイトを勉強しておくことを勧めています。


教材選びさえ失敗しなければ

ある程度勉強して、継続さえすればすぐに結果が出るので

巷で流れている噂なんかよりもアフィリエイトはずっと稼ぎやすいです。


当ブログではその教材選びを更に厳選しています。

⇒折原が勧めるアフィリエイトを基礎から勉強しながら稼ぐ教材


もうひとつは、ネットビジネスで稼ぎたい人に注目して

利益率90%を叩き出すことが可能な裏のビジネスモデルが

今だけの期間限定でセミナーを行っていますので

募集を締め切る前に参加を検討してみて下さい。

⇒一般には出回らない情報業界の裏手法で稼ぐセミナー


ちなみに、こういった期間限定セミナー等の急ぎの有益な情報は

メルマガで優先的に流していますので

貴重な情報をいち早く知りたい方は

メルマガに登録しておいた方が、情報を取りこぼす心配がありません。
⇒折原公式メルマガの登録はコチラ



もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持って頂いた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ




コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ