富沢裕 Airbnb投資民泊マスター講座

こんばんは!!折原です。


あなたはAirbnbというビジネスをご存知ですか?


ちょっとしっている人は

「エアビー」

なんて呼んじゃったりしていますが、

知らない人はには全く聞き覚えのない言葉ですよね?


Airbnbというのは簡単にいうと

外国人観光客向けの民泊ビジネスです。


要は賃貸の部屋を借りて

外国人観光客に一泊二日とかで又貸しして

儲けようとする考えから生まれたものですね。


そんなAirbnbが今回レビューする案件になります。




【特定商取引法に基づく表記】

何も記載なし


ぶっちゃけ需要ってあるの?


今の時期、外国人観光客からの需要はまだあります。


「まだ」と言う理由は

そもそも日本におけるこのビジネスモデルのピークが

東京オリンピックが開催される2020年である
という推測からです。


というか確かにオリンピック効果で

外国人観光客からの需要は上がりつつあるのですが

それをAirbnbノウハウ提供で儲ける側が

「オリンピックがあるから!!Airbnb儲かるよ!!」

と一般人を焚きつけた結果、

我も我もとAirbnbを提供する供給側も爆発し

既に利益の出る物件はどこも抑えられた

レッドオーシャンと化してしまっています。



確かに需要はあるが、

それは期間限定であり

その限られた期間の中で

どう競合と差別化を図っていくか?

という、

初心者には取っ付きにくいレベルにまで

既に成長してしまっているビジネスには間違いありません。




法改正による逆風


今回の案件を提供している富沢さんの実績によると

下記のように賃貸料金の2倍から3倍の売上を出すことが可能なようで、

これを利回り200~300%と謳っているのでしょう。




画像左下の予約スケジュールを見る限り、

ほとんどの日が予約で埋まっています。


よっぽど良い物件を得られたのでしょうが、

残念ながらこの利回りを実現することは不可能です。


なぜならば

政府の規制改革会議において、

個人宅の空室を有料で貸し出す「民泊」について、

営業日数の上限を「年間180日以下」とすることを閣議決定したからです。


どういうことかと言うと

Airbnbで稼げる日数が

現在の半分以下に制限されるということになります。


まぁきちんと旅館業としての営業許可を取得して、

それを本業として生計を立てている人のことを考えれば

差別化を行うのは当然の動きじゃないかな?

と個人的に私は思います。


でも営業日数の制限を受けるAirbnb側にとってこれは死活問題になり、

しかも「180日以下」という表記がまた曲者で

今後の話次第では、

さらに上限を減らされる可能性があるという意味が含まれており、

実際にオランダのアムステルダムでは120日に設定されています。


つまり、富沢さんが謳っている売上は半減以下になり、

1回約5000円前後かかる清掃費用を差し引くともう赤字ですね(笑)



これはもうこのビジネスの致命的な部分なのですが、

考え方によっては競合が減るとプラスに捉える人もいるかも知れません。



人生を棒に振るリスク有り


先程も少し出てきましたが、

この民泊ビジネスというものは

「旅館業法」という古くからずーーっとある法律とは

切り離して考えることは出来ないものなんですね。


それは今回の案件も例外ではなく、

下記のように対策も考えているようです。




つまりAirbnbをビジネスとして行う以上は

少なくともこの法律を勉強し、理解する必要があります。


「何だ結構ややこしいなぁ。黙でやっちゃうか」

なんて思われた方もいるかも知れませんが

現状、そのようなグレーな主要で利益を上げているAirbnb業者は存在します。


グレーなので運が悪い人は捕まるでしょう。


落ち着いて考えて下さい。


恐らくあなたは、

ネットビジネスで不労所得を得ることで

自分の自由な時間を手に入れるために

当ブログや、富沢さんの案件にたどり着いたのだと思います。


それがいつの間にか、

法律を犯してまで目先の利益を取ることに必死になり、

最終的に逮捕されてしまうのです。


最終的にあなたが目指していたゴールと

正反対のところへ進んでいってはいませんか?


犯罪を犯した代償はあなただけではなく

あなたの家族にまで及ぶことも忘れてはいけません。


とまぁちょっと暗い感じになっちゃいましたが、

私が言いたかったのは、

それくらい本気で取り組まないと、後で痛い目あっても知らないよ(笑)

ってことです。


というか、そもそも

こんな期間限定で盛り上がっている長続きしないビジネスを

私はやろうとは思いませんので、オススメもしていません。


稼げるビジネスは他に色々とあるので

そっちで頑張ればいいだけの話です。


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますので、

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。



One Response to “富沢裕 Airbnb投資民泊マスター講座”

  1. 土屋太鳳 より:

    ちょっとこのビジネスに興味を持ち始めていたので
    このような法改正があるとここで気づけてよかったです。

    情報ありがとうございました!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ