河村泰好のドリームプロジェクト ワールドドリームの実態を暴露

こんばんは!!折原です。


つい最近見たテレビ番組で驚いたことがあったのですが、

日本において、1日に約200人もの方が

心臓が原因の突然死で亡くなっています。



日本だけで、それも1日に、しかも心臓が原因という限定でですよ?


それを深刻に思ったある起業家が

倒れている人を発見したらすぐに使うアプリを開発し、

119番通報をしながら、近くのAED設置施設にも連絡がいって

AEDを現場まで届けてもらうだけでなく

周囲のアプリ登録者や医療知識がある方をも呼びつけるという

優れた機能を世に生み出しました。


ですが、今回ここで私が話したいのは

このアプリが日本の突然死を改善するのにどれだけ役立つか?

ということではなく、

どうやってこのアプリを広めるか?

という部分についてです。


当然ですが、

このアプリ自体が普及しなければ

これらのシステムは活かせませんので

どれだけこのアプリを世間に知ってもらうか?

というのが一番の課題になります。


そこでこのアプリの開発者が目をつけたのが

大手の生命保険会社でした。


要するに、

このアプリが広まって突然死の数が減少すれば

生命保険会社が支払う保険金も少なくなるというメリットがあるため、

そこでアプリの宣伝に協力してもらおうという作戦です。


どんなビジネスにおいても、

こういう考えは常に持っておきたいですね。


さて、ここでは生命保険会社の話が出てきましたが

今回の案件を手掛ける方は損害保険会社に勤めていた

金融のプロだそうですが、実際はどうなのでしょうか?




【特定商取引法に基づく表記】
特に記載なし
URL:http://dreampro.jp.net/lp/1dream/



お金のエキスパートが5000億円を分配


「初期費用0円の完全無料」

「即金月収100万円以上確定」

「1日2分以内で全て完結」


という情報弱者の方にはとても食いつきが良い単語を並べた

今回のドリームプロジェクトを手掛けるのは

フィナンシャルプランニング技能士の河村さんです。


この方が今までに指導してきた教え子の数は約400人で

その全員が月収100万円を達成しているというんですから

それが本当だとしたら、とても心強い存在になります。


よほど今までの経歴に自信があるのか

動画が始まってしばらくは河村さんの経歴やメディア出演の自慢話が

しばらく続くのですが、正直ここまでされると逆効果かな・・・。


誰しも、長々と自慢話をする人にあまり良い印象は持たないでしょう。


ちょこっとだけ経歴を述べて

あとで気になった視聴者が調べてみると

色々な隠れた輝かしい経歴が見つかるのが理想ですよね。


なぜか途中で手品を始めちゃって

それがまぁまぁ上手いというのは面白かったですが(笑)


そしてまた出たか、という謳い文句が

「富の分配」という言葉で

資産相続とか、富の再分配とかを最近よく見かけますが

だいたいが怪しい無料オファーでしたね。


では、今回はどのようにして富を分配するのでしょうか?



金融のプロが進めるギャンブル


さて、今回の無料オファーのビジネスモデルが一体何なのか?

というのは第一話では直接明かすことはありませんが、

金融のプロという肩書きや話の流れから

恐らく投資案件だということは何となく予想がつきます。


そしてどうやらスマホを2タップするだけで稼げるようで、

それだけ聞くと流行りのバイナリーオプションかと勘違いしてしまうのですが

1日の利益率が2%という数値からその可能性は消えました。


一回あたりの利益率が1%で、その勝率が99.8%で

胴元の取り分も少ないとなれば、これはもうブックメーカーですね。


ちなみに次回予告の動画における板書の内容からでも判断可能です。




ここでブックメーカーという言葉を初めて聞いた方もおられるかも知れませんが

簡単に説明すると海外では政府公認のギャンブルのことで

ブックメーカーという言葉自体は

そのギャンブルを運営する会社のことを指します。


では日本の競馬や競艇等のギャンブルと何が違うのか?と言うと

まずは賭ける対象のスポーツ数が圧倒的に多いです。
(天気を当てたりするような賭け対象もあります)


そしてそれ以外にも

「オッズが常に変動する」

「試合開始後にもライブで賭けることが可能」

「負けそうになったら試合から降りることが可能」


という特徴があります。


つまり、ギャンブルではあるけれども

試合の流れが傾いてからでも賭けれるし

負けそうになったら逃げることもできるという

賭けたら後は祈るだけの日本のギャンブルと違い、

ある程度のリスク管理は可能です。


そしてブックメーカーでよくある稼げるノウハウの一つとして

業者間のオッズの違いを利用して確実に稼ぐ

アービトラージという手法があるのですが

どうやら今回の手法はそれではなさそうですね。



コツコツ貯めて途中でボカン


今回のブックメーカーでの稼ぎ方は

最先端の統計学を使用するということと

その情報がLINEやメールで配信されることから

かなり勝率の高い賭け対象だけを教えてくれるアラートシステムでしょう。


つまり、

普通に勝率の高い試合を見つけて賭けるのですが、

複利でこれを運用するということは

常に全財産を失うリスクに晒しているということと同じです。


ですので、ブックメーカー特有のゲームを途中で降りることが出来る

キャッシュアウトというシステムをどう上手く使うか?

というのがとても重要になってきます。


キャッシュアウトは損切りのように使うだけでなく、

予想した通りの方向に試合の流れが傾いたら

早めに利益確定するために使えたりもするんですね。


ただし、勝ち確定の状態から負けに転落した時点で

キャッシュアウトの返金率が既にかなり低くなっているでしょうし

だからと言ってキャッシュアウトの敷居値を低くすると

逆に勝率が下がってしまうという本末転倒の状況にも成りえます。


しかし、一番恐ろしいことは

「キャッシュアウトは必ず成立するとは限らない」

という点です。


システム上の問題か業者の意図かは分かりませんが

キャッシュアウトを受け付けてくれない時がたまにあり

そんなことになれば、

「気付いたら全財産失っていた」

なんてことになってしまうんですね。


これが複利でギャンブルを行う恐ろしさです。


要するに、このブックメーカー案件は

コツコツ勝ってドカンと負けてしまう

結構危険な投資法になります。


もっとリスク管理が行いやすいFXもありますが

こちらは動画で河村さんも言っていたように

既にプロがバリバリ稼いでいる市場ですので

初心者がうっかり手を出すとカモられてしまうのも事実です。


じゃあ初心者が投資で確実に稼ぐ方法はないのか?

という永遠のテーマに対する答えは

「普通にビジネスで稼いだらいいじゃん」

ということになります。


最近の案件で言うと、大成さんのセミナーなんかは

表世界では語られないネットビジネスの裏の稼ぎ方を教えてくれて

色々と勉強できることが多いのでオススメしています。


というのも、

とりあえずコストパフォーマンスが良すぎのセミナーで

この内容を教材として学ぼうと思えば

数万円は掛かってしまう内容ですが、

今だとそれを3000円のセミナーで勉強出来るだけでなく

マンツーマンのコンサルが特典として付いてくるんですから

正直、これ程までお得なセミナーは滅多にありません。


特に、

自分の環境を変えるのに数十万円のコンサルや高額塾に

ついつい手を出してしまいがちな方へは激推しで、

3000円からでも人生を変えることが出来るチャンスを掴んで欲しいです。



期間限定の値段と特典ですので、

もし興味があれば早めに目を通しておいて下さい。

⇒今すぐそのセミナー情報を確認する


それでは、また!!



折原と連絡を取ってみませんか?


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持って頂いた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ