泉忠司 メガウェーブプロジェクトは暗号通貨!?

こんばんは!!折原です。


以前に当ブログでも紹介しました下記案件ですが、

具体的な内容に関する過去の情報を掴みましたのでお伝えしますね。

⇒泉忠司さんのメガウェーブプロジェクトの記事に飛びます



日本人に馴染みのない暗号通貨


突然ですが、

あなたは暗号通貨というものをご存知ですか?


仮想通貨という言葉では聞いたことが有るかも知れませんが、

暗号通過とは日本人には馴染みのない言葉ですよね。


でも結局どちらも同じ意味なのですが、

仮想通貨ではなく、正しくは暗号通貨と呼ぶ方が好ましく

仮想通貨と呼んでいるのは日本人だけなんですね。


でいったいその暗号通貨って何ですか?

という疑問が次に出てくると思うのですが、

暗号通貨とは円やドルなどの、国が発行しているお金と同じで

通貨として使用出来ることには変わりないのですが

一般的な通貨と違う点は

政府や中央銀行を介さなくても取引が出来るという部分です。


それにより暗号通貨にどのようなメリットがあるかと言うと

その通貨を発行する国が破綻した時に

お金が紙くずとなるリスクが避けられることもありますが

何より送金がとても便利になります。


海外においては例えば、

同じアメリカ国内であっても

通常の通貨であれば、送金に数日かかることは普通で

その手数料も数千円
も掛かってしまうんですよね。


日本人が暗号通貨に関心を持てない理由のひとつとして

日本は海外と比べると送金にかかる時間も短く

掛かる手数料もとても安い恵まれた環境である
ことがあります。


日本人が知らないうちに

海外ではこの暗号通貨の価値は広く知れ渡り

瞬く間にその価値は急上昇していました。


例えば世界で初めて生まれた暗号通貨であるビットコイン

出来た当初は

1ビットコイン=8セント

という価値しかありませんでしたが、

1ビットコイン=1200ドルにまで価値が上がるほどです。


だいたい120万倍もの価値になってるんですね。





こんなに海外では注目されている暗号通貨に

日本人が出遅れている理由は大きく分けて3つあると考えられています。


①日本国内の送金インフラは海外と比較して便利であること

②よく分からないものは危ないと認識する日本人の考え方

③日本でビットコイン交換所のMt.Gox社が破産したこと



①は先程説明しましたし、②は特に説明することもないですが

③に関しては正しい情報を持っていないまま

どういった理由でMt.Gox社が破産したかも知らず

また、Mt.Gox社がビットコインの単なる取引所のひとつに過ぎないにも関わらず、

「取り敢えずビットコインは危ない」

と短絡的に考えたことからでしょう。


まぁこういった理由で

海外では既に人気が出ている暗号通貨に

日本人はだいぶ遅れてしまっている状態であると言えます。




暗号通貨はかなりの種類が存在する


先程は暗号通貨の例としてビットコインを挙げましたが、

実際に市場には約1200種類もの暗号通貨が出回っています。


これは国が発行した一般的な通貨の何倍もの種類数になるのですが、

残念ながらその95%は詐欺とも言われています。


詐欺かどうかを見分けるためには

下記サイトで暗号通貨の時価総額ランキングを見れば

一目瞭然になるようになっています。

⇒暗号通貨の時価総額ランキングサイトに飛びます


つまり

このサイトで上位に入っていない暗号通貨は怪しいと判断出来るという訳です。






泉さんが最前線で情報を得ているエイダコイン


この暗号通貨の時価総額ランキングで3位にはいっているのが

Ethereumという暗号通貨なのですが

これはCharles Hoskinsonという数学者が開発したもので

CharlesさんはEthereumの開発以前にも

BitSharesという暗号通貨も開発しているという

暗号通貨を作らせたら右に出るものはいないと言われている人です。


なぜこのような話を急にしたかと言うと

このCharlesさんが近々新しい暗号通貨をリリース予定で

しかもその最初にリリースされる国が日本であり、

そして開発者のCharlesさんは泉忠司さんと直接会っており

日本中を回って一緒にセミナーを行う程の仲だからです。



つまり

泉忠司さんのメガウェーブプロジェクトにおいて

「泉さん自身が情報の中枢にいる」

と言っていたことと話が繋がる訳なんですね。


ちなみに新しくリリースされる暗号通貨は

CARDANO(カルダノ)と呼ばれるゲームプラットフォーム上で利用出来る

ADA(エイダコイン)と呼ばれる通貨です。







Charlesさんがスタートをする国を日本であると決めた理由は

日本がゲーム先進国であるということ

暗号通貨に関して日本が遅れているようでは暗号通貨自体の未来も危ない

との考えからだそうです。


で今回の泉さんの案件は

このエイダコインの最低購入価格である1000ドルを

泉さんから購入すれば

エイダコインを交換する代理店の権利を得れる

というものの可能性が高いですね。


つまり

あなたから紹介した人がエイダコインを交換した場合

あなたにその交換金額の10%を報酬として貰えるということです。




この案件は今よりも数ヶ月前に行っていたのですが

恐らくリリース直前になって

再度募集をかけているのかなぁ?と思います。


まぁこのエイダコインがコケたとしても、

泉さんの動画では学べることが多いですので

そういう意味でもやはり動画に目を通すだけでもオススメしておきます。


⇒泉さんの動画を見る方はコチラ(LPへ飛びます)



過去の案件から

泉さんのメガウェーブプロジェクトに関して

補足させて頂きました。


また今回の案件の詳細が分かりましたら

当ブログでお知らせいたしますね。



もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますので、

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ