泉忠司 市場規模6000兆円の億万長者量産プロジェクトの真実について

こんばんは!!折原です。


酉年である今年はサイフを替えると運気が上がるかも?

っていうことで人気サイフについて調べていたのですが、

そこで男性用売れ筋一位のサイフの説明を

公式ホームページ上で読んでいたのですが

「馬の臀部の皮を何ヶ月もの時間をかけて鞣した、とても貴重な革です。
繊維組織が非常に緻密である為、丈夫で美しい光沢が特徴です」


なんて書かれています。


これを

「馬のお尻の革で作った珍しいサイフ」

と書かないところにマーケティング技術を感じますよね。


何を売るのにもそうですが

このように素材の説明から訂正に一つずつ説明をすることで

顧客の購買意欲を掻き立てることが出来て

例えばレストランのメニューひとつをとっても

「デミグラスソースのローストチキン」

と書くよりかは

「肉汁たっぷりの有機鶏の胸肉をじっくりローストし、
 メルローのデミグラスソースをかけて
 ハーブ味のイスラエル風クスクスに寝かせたローストチキン」


の方が美味しく感じませんか?

単語の意味が分からなくても(笑)
(こういった知識からネットビジネスの知識を学べるのが当ブログのメルマガです)
⇒折原公式メルマガの登録はコチラ


外食に出かけてこのようなことを考えながらメニューを眺めると

また違った視点で物事が観察できて楽しいですよ。


それでは本日の案件です。




【特定商取引法について】
販売業者:NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.
代表責任者名:Marlo S. Padua
所在地:10/F NET LIMA BUILDING, 5TH AVE. COR. 26TH ST., BRGY. FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY
URL:http://megawave-01.info/lp2-1/



市場規模6000兆円の暗号通貨


「知識、経験、作業、人脈、時間、ツールが不要」

「完全自動で」

「最低1億円以上の現金が」


という言葉がLPに散りばめられており

もうこれに手を出さない理由は無い

と言ってもいいくらい良い情報が多すぎる案件になっていますが

正直私はこんなに良い条件を並べられると逆に不安になりますね(笑)


じゃあ今回も他と変わらない怪しい案件で

この泉さんも適当な実績を載せているかと言うと、

そんなことはないから困ってしまいます。


私も知っているネットビジネスでは有名な方で

数々の凄い実績を持っており、年収20億円までは把握していましたが

そこから更に伸ばして昨年は年収40億円を達成しているとは知りませんでした。


じゃあそんな泉さんが今回紹介する案件は何かと言うと

作業性が全く感じられないことからビジネスではなく

投資系であることは簡単に予想出来ると思いますが

少ない元手で億万長者を狙えるような投資と言えば

今考えられるものでは暗号通貨(仮想通貨)くらいでしょう。



URL:http://megawave-01.info/01_project/


ちなみに今年の1月頃にも上記のような無料オファーを出しており、

今回はLPのデザインを変えただけの感じですかね。



暗号通貨に強い泉さん


今年の1月頃のワールドビジネスサテライトにおいても

ビットコインの話題が取り上げられていたほど

2017年は「仮想通貨元年」とも呼ばれるほど注目されている市場です。

(日本では仮想通貨と呼ばれますが、世界ではCrypto-Currencyと呼ぶため
 これ以降は暗号通貨と表記させて頂きます)





最近の相場から言うと、せいぜい数倍レベルの値動きですが

元々1ビットコインは1ドル未満で購入出来たため

そこから考えると120~150万倍という

ギャンブルでも考えれないくらいの利益率で還元される成長を見せており

「昔に1万円分だけ買ったビットコインが数十億円になっていた」

なんて話もよく聞きますね。


実はこの暗号通貨が来るという話は

ネットビジネス界では以前から泉さんが先導しており

いくつか案件を出しておりました。


最近の案件で言うと

まだ流通していないが、これから来る暗号通貨として

カルダノと呼ばれるゲームプラットフォームで利用可能な

エイダコイン(ADA)という暗号通貨の代理店の権利を泉さんが紹介していたのですが

どうして泉さんが代理店の権利を紹介出来るのか?

と不思議に思った方もおられると思います。




実はこのエイダコインの開発者であるCharles Hoskinsonさんと

泉さんは友人関係にあり、そこからこの話を持ってきたのですが

このCharlesさんという方がまた凄い人で

ビットコインの次に有名なEthereumという

時価総額ランキング2位の暗号通貨を開発した方だったんですね。

⇒暗号通貨の時価総額ランキングに飛びます


まぁ要するに

泉さんは暗号通貨の情報に関しては最上流にいる

と言っても過言では無いくらい、この案件に適した方になりますので

私も彼からの情報はチェックするようにしています。



教育者としての指導スキル


そして現役の大学講師でもある泉さんは

動画を見ていても感じると思うのですが

そのへんのプロダクトローンチに出てくる怪しい人とは比較にならないほど、

人に情報を伝えるスキルに長けていますので

動画も見やすいです。


まだ彼が話をしているところを見たことがないのであれば

色々と勉強になる部分もありますので

一度目を通してみて下さい。


そして今回の案件は何もバックエンドが無いとは言っていますが

色々なメルマガ発信者に報酬を払ってまでリストを集めて

プロダクトローンチの動画に関してもわざわざ新規で撮っているのですから

ビジネス上手の泉さんが利益無しで終わるはずがありません。


じゃあどう考えればベストかと言うと

この案件を上手く利用すればいいだけです。


つまり、暗号通貨全般に関する知識を

このプロダクトローンチの無料動画を見るだけで

自分のものにしちゃって下さい。



それ以外にも勉強になる話もちょこちょこ入れてくれるので

高額案件などのバックエンドにたどり着くまでは

色々な知識をバンバン吸収しちゃいましょう。


この案件について、また進展があれば当ブログで紹介しますね。


ちなみに泉さんだけに限らず、

ネットビジネスで大きく稼いでいる方というのは

アフィリエイト経験があるのもそうですが、

最終的にたどり着く最強のビジネスモデルというものがあります。


実は彼らはこれで大きく稼いでいるのですが、

ネットビジネス初心者さんが最初に手を出してはいけない

という決まりは特にないので

最速最短で自由を手に入れたいのであれば

このノウハウを詳しく教えてくれる大成さんのセミナーに出てみて下さい。


というのも、

私がオススメするこのセミナーで教えている内容というものが

ネットビジネスを裏側からえぐったような

普段は知ることが出来ない裏ノウハウで

月収100万円程度なら充分に達成可能です。


しかも当たり前のように利益率90%を叩き出すことが可能な上に

しっかり稼ぐスキルを身に付けることが可能です。


それに、この内容を教材として学ぼうと思えば

普通は数万円掛かってしまう内容ですが、

今だとそれを3000円のセミナーで勉強出来るだけでなく

マンツーマンのコンサルが特典として付いてくるんですから

正直、これ程までお得なセミナーは滅多にありません。


期間限定の値段と特典ですので、

もし興味があれば早めに目を通しておいて下さい。

⇒今すぐそのセミナー情報を確認する


それでは、また!!



折原と連絡を取ってみませんか?


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持って頂いた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ





3 Responses to “泉忠司 市場規模6000兆円の億万長者量産プロジェクトの真実について”

  1. 多田悦男 より:

    投資に失敗ばかりしていますので、
    成功したいです。

    • 折原健 より:

      多田悦男さん、こんばんは。

      投資というものは自分の代わりに
      お金が働いてお金を稼いでくれる楽なものですが
      やはり資金を失う可能性は少なからず存在します。

      どうしても固くいくのであれば
      転売やアフィリエイト等のビジネスで成功し
      ある程度資金が貯まってからでも遅くはありません。

      最近初心者にもオススメのアフィリエイト教材も出来ましたので
      もしお時間があれば、そちらに目を通してみて下さい。
      ⇒アフィリエイトを基礎から学べる教材

  2. フィリピンは、ビットコインなど仮想通貨の現金化取引に関する規制を2月に開始した。
    フィリピン中央銀行によると、規制の対象となるのは取引業者や仲介業者などで、仮想通貨の作成者は除外する。資金洗浄やテロ資金の調達などの防止が主な目的だ。
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170303/mcb1703030500006-n1.htm

    ノアコインは、フィリピンで許可も登録もない。
    そもそもノアファウンデーションは「定款の内容とかけ離れている」とお墨付きさえいただいている。


    中央銀行は、銀行以外の企業に対する監視を強化するための全体的な戦略の一環として、送金代理店やマネー・チェンジャーに関する厳しい規則を発表した。

    VC取引所はまた、取引される金額および年次財務諸表についての四半期報告書を中央銀行に提出する必要があります。

    BSP登録がなく、正確でタイムリーな報告書を提出しなかったり、マネー・ロンダリングに携わっている人は罰金を受け、許可が取り消されます。
    http://www.bworldonline.com/content.php?section=TopStory&title=central-bank-moves-to-regulate-digital-currency-business&id=140283

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ