ネットビジネス入門 転売って稼げるの!?



ネットビジネス入門として今回紹介するのは

転売というタイプのネットビジネスです。


その名の通り、

安く仕入れた商品を、高く販売する

というとてもシンプルなビジネスモデルですので

ネットビジネス初心者でも取り組みやすく

実際に私もネットビジネスのスタートはこの転売でした。


ちなみに転売という呼び方以外にも

「せどり」と呼ばれることも有りますが

基本的に行っていることは同じですので

どちらでも好きな言葉を使って構いませんが、

古本の転売は「古本せどり」といった具合に

組み合わせによってある程度呼び方が決まっていたりもします。



転売も色々な種類がある


転売と言っても、その種類は様々で

仕入れと販売を国内で完結させる国内転売

海外から仕入れて国内で販売する個人輸入

国内で仕入れて海外へ販売する個人輸出

といった感じで国にフォーカスした大きな分け方から

扱う商品に注目して

古本せどり、ゲームせどり、家電せどり

と分けてみたり

実店舗で仕入れを行う店舗せどり

ネットショップで仕入れを行う電脳せどり

と仕入れ方法でも分類されていたりします。

⇒店舗仕入れと電脳仕入れの比較についてはコチラ


昔は元々転売と言えば古本が有名でしたが、

CD、ゲームや家電と扱うジャンルが増えていき

今に至っては食品まで販売対象となってるんですね。


でも結局何をするにも基本は変わらず

安く仕入れて、高く販売するのみです。




転売のメリット


冒頭でも述べましたが、転売はとてもシンプルなビジネスモデルのため

初めてネットビジネスに取り組む人でも簡単に出来て

本業を行いながら、副業として稼いでいる人は沢山います。


実際に私も副業として取り組んでいました。


また少ない資金でも、

仕入れる商品を選べば転売を行うことは可能
です。


例えば、イオンで新品ゲームソフトが500円で大量に売られていることがあり

実際に私はソフトひとつだけで2000円の利益が取れる商品をあるだけ購入しました。


この場合1万円を突っ込むだけで、4万円として帰ってくるんですね。




そして転売は即金性が高いというメリットもあり

Amazonで販売した場合は月に2回お金が振り込まれます。


月に1回しかお金が振り込まれないビジネスと比較した場合、

どれくらいの差が出ると思いますか?


先程のゲームソフトの例で言うと

月に一回しかお金が振り込まれない場合、

資金が1万円の人は、仕入れで1万円を使用してしまったら

どれだけ早く商品が売れたとしても、振込までの一ヶ月間は何も出来ませんので

一ヶ月後に振込まれる4万円から仕入れ費用の1万円を差し引いて

月収は3万円という計算になります。


これが月に2回振込まれるAmazonの場合は

商品を早く売りきれば、半月経過した時点でAmazonから4万円振り込まれ

その4万円で更に同様の商品を4万円分仕入れることが出来ちゃうので

それも全て売りきれば2回目の振込時には16万円になり、月収は15万円です。


今回は極端な例を挙げましたが、

同じ仕入れ資金でも、振込回数が1回多いだけで、

これだけ利益に差が出ます。


でも私が考える転売における一番のメリットは

「成功体験が早く出来る」

ということです。


アフィリエイトでは集客に時間が掛かってしまい

1円も売上がないまま数ヶ月が経過して

そのまま諦めて辞めてしまう人が多いのですが、

転売は商品の選定さえ間違えなければ、すぐに利益が出ます。


その稼げる金額がどうであれ

ネットビジネスを初めて行う人にとっては

自分の力で稼ぐ感覚を掴むということは、とても大きな一歩です。


それは自信となり、転売で更に大きな利益を出すことも可能ですし

ある程度結果が出せれば、別のビジネスでも結果を出しやすいです。



転売のデメリット


確かに転売は稼げるビジネスではあるのですが、

仕入れ、発注対応、検品、梱包、発送等の作業は避けれず

自分が動かなければお金が発生しない仕組みになっています。


何も仕入れなければ、何も売れませんよね?


行動すればするほど利益も上がる反面、

自分がメインの歯車になっている以上、自分が止まればお金も止まります。


しかしこの部分はAmazonのFBAを利用したり

人を雇ったりすることで一応カバーは可能です。


また取り組みやすいというビジネスは裏を返せば

ライバルも参入しやすいという一面も持っています。


それは仕入れ商品の奪い合いや価格競争という形となって現れますが

商品リサーチに力を入れたり、販売方法で差別化も可能です。


あとは転売対策を行う店舗も増えてきました。


同じ商品を複数購入するのが、どこも難しくなってきていますね。


これを聞いて転売は稼げないと諦めるか

ライバルが減ってむしろチャンスだと捉えるのか

解釈の仕方は人それぞれです。



初心者は取り敢えずAmazonから


転売の販路はAmazonやヤフオク、メルカリ等

多岐にわたりますが、初心者は取り敢えずAmazonを使っておけば良いと思います。


手数料は高めですが、

注文管理から梱包や発送、顧客対応まで行ってくれる

FBAと呼ばれるサービス
がありますので

自分は商品のリサーチや仕入れに専念することが出来るからです。


そしてAmazonというブランドの集客力はとても凄く

例えば本のジャンルで言うと

Amazonランキングで10位以内の本は5秒に一冊売れています。


そしてどの商品がどれほど売れているか

というのを調べるのにモノレートという便利なサイトがありますので

これを使えば、よほど変な商品を掴むことは無いでしょう。


モノレートの読み方に多少のコツはありますが、

ネットに落ちている無料情報や経験を積むことで何とかなります。

⇒モノレートのサイトに飛びます



悩む暇があればやった方が良い




どんなネットビジネスにでもメリットとデメリットはありますので

失敗することを恐れていては成功も出来ません。


成功の反対は失敗ではなく、何もしないことです。


転売はそれほど大失敗することがないビジネスなので

何も始めずにあれこれ悩んでいるくらいなら

とっとと始めてしまって壁にぶち当たってから悩みましょう。


気づけば普通に稼いでいます。



もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますので、

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ