吉田昌史 THE自由人(じゆうびと)は全然儲かってない!?

こんばんは!!折原です。


私はゲーム好きなため、週間ファミ通を定期購読しているのですが、

今や携帯ゲーム機を通り越して、どんどんスマホゲームが参入し

ファミ通におけるゲーム記事においても、

スマホゲームの割合が目に見えて増えてきています。


このへんの分野が強いことで

暗号通貨の世界でも有名な、かのCharles Hoskinsonさんも

エイダコインは日本初で流通させると言っている訳なんですね。

⇒エイダコインの話にも触れている暗号通貨の記事に飛びます


またスマホゲームだけでなく、

少し前のテレビアニメにおいても描かれていた仮想現実の世界が

今まさに商品化し始めましたね。


このように時代の最先端を走っているゲームばかりに光が当たっていますが

その裏でレトロゲームのブームも再来し

レトロフリークというプラットフォームを皮切りに

来月には手のひらサイズのファミコンまで発売するようで

必ずしも新しいものばかりが売れているのではない、

という良い例になっています。


ゲームばかりではなく、

本日のヤフートップニュースにおいても

「<カセットテープ>ブーム再び」といった記事が出ており

他にも固定電話型の携帯電話が発売されている等、

アナログの魅力が再評価されているようです。


ネットビジネスにおいても

色々と便利なツールが出回っていますが

せどりにおいては結局「目利き」が一番早かったりします(笑)


さて本日ご紹介するのは

相変わらず最近よく目にする転売系の案件です。




【特定商取引法に関する表示】

会社名:株式会社エム・マーケティング

代表者:代表取締役 原田正文

所在地:〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目21-1芝浦アイランドグローヴタワー 3301号室


今回も高額塾への誘導が濃厚


「初月から30万円」

「人に丸投げして」


といったキャッチコピーや画像の胡散臭さから

狙っているのは重度の情報弱者かと思いますが

今回の案件ではビジネスモデルを明らかにしていません。


しかしこの吉田昌史さんと言う方は

今年の初めに同様のキャッチコピーで別の案件を出していました。




実は中国輸入のAmazon転売のノウハウだったんですね。


この時も今回のように有料のセミナーを開くところまでは同じで

前回はそのセミナーにおいて高額塾の販売も行っていました。


この時の情報はネットで調べれば色々と出てきますが

想定していたよりもずっと少ない人しか集まらなかったようで

今回も最終的に高額塾の募集になると考えて良いでしょう。

(販売元の社名も責任者も変えているのがイヤらしいです)


前回の案件の時に、

「再現性100%はおかしい!!」

と結構叩かれたのが原因かも知れませんが

今回は96.8%と少し下げているところが面白いですね(笑)



思っている程簡単ではない中国輸入


利益が取れるのであれば

国内であろうが、海外であろうが

新品であろうが、中古であろうが

別にひとつに拘ることなく稼いでいけばよいと思うので

あえて中国輸入だけに絞る必要もないのかなぁ

というのが私の正直な感想です。


このノウハウの手順を簡単に説明すると

①20分程度商品のリサーチを行う。

②輸入元の業者に依頼して発注する。

③国内のAmazon倉庫に輸送してもらう。

④FBAで販売する。


といった感じで一見シンプルなように見えますが

結局利益の出る商品をリサーチする手間というのは必要になります。

というか転売をする上でこのプロセスを無視出来ません。


中国輸入は利益の出る商品を見つけることは簡単なのですが

その商材に日本人を集客させるのにコツがいるんですよね。


どうしても仕入先の中国人とのコミュニケーションだとか

商品の品質に問題があった時の対応等も面倒で

実際にそれが嫌になって中国輸入を辞めてしまう人も多いのですが

この集客につまずく人も少なくありません。


いくら独自の仕入れルートを吉田さんから借りれたとしても

転売というビジネスは売れて初めて利益が出るので

安く商品を仕入れることばかりにフォーカスしていると

思わぬところで足元をすくわれます。


前回の案件も、今回の案件も

このあたりに関して具体的に話をするべきなのですが

「誰でも簡単に出来る」

という中身のない言葉を繰り返すことに力を入れている点が残念です。


これではせっかく稼げる中国輸入も稼げなくなってしまいます。




本当に自由な生活してる!?


中国輸入のAmazon転売ということでしたので

吉田さんの社名をAmazonで検索してみると

吉田さんのショップを実際に見ることが出来ます。

(AmazonでSPAZIO88と検索しました)






そうすると中国から輸入したであろう鞄をメインに販売しているのですが

全部で15種類程度の商品しか扱っていないのがすぐに分かります。


そして実際にそれぞれがどれほど売れているのかを確認するために

モノレートでザッと調べたのですが

全商品合わせても三ヶ月で5個も売れていない程の売れ行きでした。


自分で販売ページを作成しているようでしたが

典型的な集客に失敗しているパターンですね。


実際には直近一ヶ月で5件コメントを貰っているようなので

他の商品ページでいくつか購入がされているようですが

例え月に100個売れていたとしても

ひとつあたり3000円程度の鞄ですから

月商で30万円、半分が利益だと考えても月収15万円です。


とても自由にはなれません。


ヤフオクやメルカリ等の他に販路を確保しており

そこで売れた分をAmazon倉庫から転送する使い方を

しているのかも知れませんが、

Amazonでこれだけ売れていない商品が

他で爆発的に売れているとは考えにくいし

Amazonの評価を見る限りクレームが多く

「本当にこの人は物販で稼げているのかな?」

と疑問に感じました。


もし本気で中国輸入を行いたいのであれば

この案件はオススメしません。


きちんとした実績を表に出している

それも中国輸入に関してトップクラスの方から

指導を受けることをオススメしますが

ネットビジネス初心者の場合は

国内転売から始めた方がもっと簡単に稼げます。


輸入に拘る必要もありません。


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますので、

お気軽にご連絡頂ければ幸いです。


2 Responses to “吉田昌史 THE自由人(じゆうびと)は全然儲かってない!?”

  1. 匿名 より:

    私もモノレート見に行きましたが、
    あれで稼いでいるとはとても思えません。

  2. 匿名 より:

    折原さんが仰るとおり、
    LPの感じからして情弱狙いなのが良くわかります
    これで本当に成約しているのかが疑問ですよね

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ