有本周平 We Can Fly Projectは頑張ってもWe Can Hop程度!?

こんばんは!!折原です。


今回レビューするのは

有本周平さんの「We Can Fly Project」

という案件で

この有本さんは本も出版しているようで

動画でも結構有名な本ということなのですが、

ご存知でしたか?

⇒Amazonの商品ページへ飛びます(アフィリエイトは入れていません)


どれくらい売れているのかなぁっと思って

少し調べて見ると・・・

Amazonランキングで28529位

三か月前に発売したばかりなのに、

もうAmazonでは一日に2,3冊程度しか売れていませんでした。





これだと3年以上前から売っている

こっちの本物のバッタを学べる本の方がまだ売れています(笑)




しかし、ここでも私の好きな名言のひとつ

「好き嫌いは自由だが、一面だけを見て、その人の全てを判断してはいけないと思うよ」
(アニメ「ふしぎな島のフローネ」のエルンストより)

の考え方に習い、レビューしていきますね。




【特定商取引法に基づく表示】

販売者氏名:有本周平

販売会社:記載なし

問い合わせ先連絡先:info(こちらにアットマーク)we-can-fly.net

商品代金:0円(無料メルマガ配信)

URL:http://we-can-fly.net/lp/wecanfly/


1000人に40億円稼がせたが・・・


この有本さんは

今までに1000人に40億円稼がせたことを

売りにしていますが、

この40億円を単純に1000人で割って

「一人あたり400万円も稼いでいるのかぁ」

なんて納得する方は当ブログにはいないと思います。


これは残念ながら年収ではなく、

6年間で稼がせた金額になります。


1000人全員が1年目から始めた訳ではないため

有本さんのノウハウの年収を計算したいのであれば

6年継続している人は1年継続者6人分として取り扱うことにします。


毎年同じ人数の新規さんが増えると仮定して、

この計算を行うと、

「延べ3500人が1年間で40億円稼いだ」

と数字を置き換えることが出来ます。


これだと一人あたりの年収は約114万円で

月収にすると約9.5万円のノウハウだということが分かります。


本業以外に月収で10万円も貰えれば、

それは大変喜ばしいことではありますが、

月収10万円程度では空は飛べませんよ。



稼げる秘密は「三種の神器」


有本さんが言うには

「三種の神器」を使用することで

誰でも100%稼ぐことが出来るそうです。




一つ目の「即日錬金シート」ですぐに20~30万円が、

2つ目の「マネープロテクトキー」と呼ばれるUSBを

パソコンに差し込むだけで年収1000万円を継続して、

3つ目の「パーフェクトレバレッジプロデュース」

プロ集団に任せることで、さらに稼げる金額を増やす。

ということですが

当然中身に関しては一切触れらていません。


「プロ集団」を見せてくれるということでしたが

実際は部屋に入って

「10から1000のところをプロデュースしてくれるメンバーですね」

と有本さんが独り言を放って終了という

30秒程度の謎の映像を見せられただけでした・・。


恐らく有本さんとは全く関係無い

他の会社のオフィスに無理言って入ったのかな?(笑)



実際に稼げるの?


当ブログを読んでいる方であれば

もうこの動画を見た時点で

本能的に稼げないことが分かると思います。


まず誰でも簡単にUSBを差すだけで

年収1000万円を安定して稼げるシステムは存在しません。



あればそれは違法です。


残念なことに、

初心者が努力無しで100%稼げるネットビジネスはありません。


もし仮に存在したとしても

あなたはそのノウハウを動画で公開しようと思いますか?


プロの集団を無料で使用できる点を考慮しても

有本さん側に何もメリットは有りません。


もし動画のように

本当に月に2億円を稼いでいるのであれば

何も見返りを必要としていないレベルかも知れませんが、

そんな人はわざわざこんな胡散臭い動画を作りません。


そもそも月に2億円稼いでいるのも怪しいですね。


この有本さんは輸入ビジネスをやっておられるようなので

転売系のノウハウだと思うのですが、

転売は売上であればいくらでも数字を上げれます。


薄利でも回転が早く即金性のある販売方法で行う場合

例えば、100万円の商品を売って

そのお金でまた仕入れて100万円で売って

というのを月に10回繰り返すだけで

元手が100万円弱であっても月商1000万円です。


単純にそれを20種類の商品で行えば

元手2000万円さえあれば、これで月商2億円達成ですね。


ただし利益率はかなり低く、

月利は1000万でした。。。とかになってたりします。


有本さんは少ない資金で、月商を大きく見せるという

間違ったレバレッジの掛け方をしているかも知れませんね。


この辺のズルさを見ると

新聞の広告欄にお金を払ってまで有本さんの本を宣伝し

「新聞に取り上げられました」

と言っていることも納得出来ますね。



今回の案件は、

最終的には高額塾へのバックエンドが用意されていて

有本さんはそこから収益を得る可能性が高いです。


セールスレターにおいても

情報弱者を洗脳(教育)しにかかっていますね。




またこういう案件は例に漏れず

鉄板の逃げ道を作っていることもお忘れなく。





レビュー序盤でもお伝えしましたが

所詮、月収10万円程度のノウハウです。

(しかもある程度盛ってだと思います)


話半分の5万円稼げていいとこかなぁ、と思います。


そのために高額塾の投資なんて勿体無いのでオススメしません。


せどりで月収10万円程度であれば

こんな案件をアテにしなくても

質の良い情報商材に従って努力するだけですぐに達成可能です。


何でもそうですが、一番重要なことは基礎であり

それを徹底的に叩き込んでいくのがゴールへの最短距離でもあります。

⇒アフィリエイトの基礎を学びながら稼ぐ方法



もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持って頂いた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ


One Response to “有本周平 We Can Fly Projectは頑張ってもWe Can Hop程度!?”

  1. 名無し より:

    本物のバッタ本の方が売れているのうけたw

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ