末永雄也 阿部大地郎 10万円クエストってアレかな?

こんばんは!!折原です。


私はネットビジネスを始めてから

色々な方と話をする機会がありましたが

「○○で有名な△△さんがね・・・」

という会話には結構苦労しました。


話し手にしてみれば

「えっ!?あの有名な△△さん知らないの!?」

みたいなノリで驚かれるのですが

知らないものは知らないので

当然、その人が凄いとは1ミリも感じない訳です。


今でこそ少しは業界の方を覚えてきましたが、

それでも知らない人は沢山います。


でも事前の情報がない分、

その人を変な色眼鏡を掛けて見ることがないため

本当にすごい人なのか、そうでないのか

ということを中立的な立場から

冷静に観察することが可能なんですね。



しかし、事前に聞いていた謳い文句を軽く超えて

バカ程稼げる例外のノウハウもあります。


今回インタビュアーを務める阿部さんは

事前の情報なしで対談を行っているそうですが

一体どのような案件なのかレビューしていきます。




【特定商取引法に基づく表示】
販売会社:リアルマーケティングジャパン株式会社
運営責任者:末永雄也
所在地:鹿児島県鹿児島市紫原6-33-9
URL:http://clp-a.net/lp/1cheqa/?AD_CODE=0130_00233



阿部さんとの緊急対談


今回のプロダクトローンチ第一話の動画ですが、

「末永さんのビジネスモデルを紹介する」

というよりかは、

「末永さんの経歴」

を淡々と説明したものに仕上がっています。


そして、

ここでインタビュアーを務める阿部大地郎さんですが

「俺はネットビジネス業界ではかなり凄いですよ」

オーラを出していますが、

知らない方は知りませんよね?


まぁ簡単に言うと、

無料オファーを手掛ける側として

何度もこのような動画に出演し

賛否両論を巻き起こしている方です。


私が最後に見かけたのは下記の案件だったと思います。

⇒阿部ダイジロウさんのチームライセンス+


まぁ阿部さんの過去はこの辺にしておいて、

今回の末永さんの案件をインタビューする姿勢としては

「友人からの情報提供を断った」

と言うくらい、

中立の立場でということを強調しています。


ただしこの動画を見る人へは

「インターネットビジネス業界No1ガリバー」

という阿部さんの謎の肩書きをつけることにより、

ネットビジネス業界で権威があるように

第一印象を操作している感じがあります。




ちなみに商売人はこの権威を上手く利用して

色々と稼いでいるのですが、

その影響力の凄さについては

「背中にプロペラの羽が突き刺さった話」

というタイトルのメルマガで近々説明しますね。
⇒折原公式メルマガの登録はコチラ


少し話が逸れてしまいましたが、

今回の動画では末永さんのビジネスモデルは明かされず

得られた情報としては

「自己破産をした人でも3ヶ月で115万円稼げる」

というポイントだけでした。



最短最速のメルカリ無在庫転売


じゃあ全く何もビジネスモデルが分からないのか?

と言うと、別にそんなことはなく、

インターネット上で

その答えが記されているんですね。


というのも、

グーグルで末永さんの名前を調べれば

オフィシャルブログが簡単に見つかるのですが、

そのブログ内の記事において

【メルカリ無在庫転売】僕が最短最速で稼いだ転売術。

というタイトルで、ご丁寧に説明されています。




メルカリ無在庫転売とは、

メルカリというフリマアプリを販路として

そこへ手元に無い商品を出品し、

売れたらAmazon等の他サイトから仕入れて送る


というビジネスモデルです。


最近の転売案件では

資金が無くても始められる無在庫転売の

メリットのみを声高に謳ったものが多いのですが、

デメリットに関してはほとんど明かされません。


無在庫転売の大きなデメリットとしては

①仕入れ商品の値上げ又は売り切れ
②購入者の手元に届くのが兎に角遅い


といったところで、

注文が入った後に仕入れ商品が売り切れた場合には

注文をキャンセルせざるを得ないですし、

単純に配送が遅いということも含めて

販売者としての評価が下がりやすい転売手法です。


短期的では無く、長期的に稼いでいくには

あまりオススメ出来るものではありません。



メルカリはオワコン?


そしてもうひとつ、

動画で阿部さんが

「メルカリはもう終わった」

と言っていましたが

これにはきちんと理由があります。


それは2016年12月に

メルカリが行った仕様変更において

★出品数の削減
★ツールによる上位表示の防止


という転売屋殺しとも言える対策をとったためです。


在庫を持たない無在庫販売で大きく稼ぐには

出品数を多くすればする程

売れる可能性が高まるので

手元に無い商品をいっぱい売っている人ばかりでしたが、

まずこれにメスが入りました。


そして

自分が販売した商品の露出度を高めるために、

自動出品ツールを使って

何度も繰り返し同じ商品を上位表示させる

という手法もメジャーでしたが

これも今回の仕様変更で多くのツールが使えなくなり、

そして多くの転売屋が泣きました。


更に、

今回の仕様変更からも読み取れることですが

メルカリというフリマアプリは

「もう業者しかいないんじゃね?」

というくらいレッドオーシャン市場になっています。


メルカリでお得な商品は転売屋が全部かっさらって、

Amazonで販売している商品をメルカリで売っているのです。


一般の利用者は減って当然ですよね。


実際、

末永さんも転売だけで稼いでいる訳では無く、

そこから情報発信、コンテンツ販売

というステップを踏んで稼いでいますので

メルカリ無在庫転売だけでずっと食べていける難しさは

末永さん本人も気づいているのではないでしょうか。


まぁ、ぶっちゃけ手元にない商品を売るのは

メルカリの規約で禁止されている時点でダメですし

それ以外にも色々と決まりごとはあるので、

規約にはきちんと目を通しておいた方がいいですね。



(メルカリ利用規約参照)


無在庫転売なんて手法を使わなくても、

同じように資金ゼロで始めれる上に

仕入れや販売を必要とせずとも報酬が発生するのが

冒頭でも少しお話したバカ程稼げる例外のノウハウです。


このビジネスモデルは在庫という概念がないため

売れ残りの心配もありませんし、

いくらでも好きなだけ稼ぐことも可能になります。


最初にこのノウハウを見たときは

「これは誰も考えつかないわ」

と思うほどのビジネスモデルとノウハウの融合で

言い方は悪いですが、

バカでも稼げると言っても過言ではありません。



それほどまで作りこまれた教材にも関わらず、

返金保証なんてつけているのですから

私は意味がわかりませんでしたね(笑)


これだけでも十分稼げるのですが、

さらに当ブログからの限定特典も付けて

稼ぎを数倍にまで加速させるようにしています。


ちなみにまぁまぁ売れてきていますので

規定数に達し次第、

特典配布と無期限メールサポートは締め切る予定ですので

少しでも興味がある方は、今のうちにご確認下さい。


⇒今すぐそのビジネスの詳細を確認する


それでは、また!!



折原と連絡を取ってみませんか?


もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持って頂いた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ