谷平隆治 BASプロジェクトは利益計算できないの?

こんばんは!!折原です。


以前の記事冒頭で社会規範と市場規範について

今流行りのドラマ「逃げ恥」と絡めて説明しましたが

⇒その時の記事に飛びます

ただ純粋に

「家の冷蔵庫を運ぶのを手伝ってくれないか?」

とお願いする代わりに

「1000円で冷蔵庫を運んでくれないか?」

と聞くだけで手伝ってくれる人が減ってしまうように

お金のやり取りを含んだ市場規範の考えが入るだけで

人を思いやる社会規範は簡単に消え去ってしまいます。



そしてこの市場規範と社会規範の混ぜ合わせに関して

もっと興味深い話があるんですね。


それはある託児所において

親が子どもを迎えに来ることが遅いことへの対策として

罰金制度を取り入れたのですが

残念ながらこの対策により親が早く迎えに来ることはなく

今まで社会規範で繋がっていた託児所と親との関係に

罰金という名の市場規範が入ってきたことにより


「お金を払えば遅刻しても良い」

という考えで捉えるようになってしまいました。


ここまではよくある市場規範が社会規範を潰す話ですが

重要なことはこれより後の出来事で

この結果をまずいと思った託児所側は

すぐに元通りの社会規範に戻すべく罰金制度を廃止したのですが

それでどうなったと思いますか?


罰金制度を取り入れていた時よりも

親達の遅刻する回数は増えてしまったんですね。


つまり

市場規範との衝突により一度失われてしまった社会規範は

しばらくどこかへ消え去って戻ってこない。


ということです。


もしあなたもこのふたつの規範の混ぜ合わせを考えているなら

その後に起こることもきちんと想像してから行動しましょう。


後戻りは出来ません。


じゃあ本日の案件のレビューに入っていきますね。




【特定商取法に基づく表示】

販売業者:谷平隆治

運営責任者:谷平隆治

URL:http://tani-media.com/bas/shortopt/pure/



他案件のディスりが多い


今回の案件の売りは

稼げる金額や簡単さがどうのこうのではなく

このノウハウをメールアドレス登録無しでノウハウを公開

という部分になるのですが

私が見ている段階では普通にメールアドレスの入力を必須としており

随分堂々と嘘をつく男らしい奴だなぁと関心していたところです(笑)




最近の無料オファーを例に挙げては

「胡散臭いインタビュー動画」

「そいつらの実名に興味ありませんか?」


とか言ってディスって見せたり

アフィリエイトは儲からないと他のビジネスモデルを否定してみたり

煽るようなスタイルのLPに仕上げています。


まぁ興味を惹くっていう意味では悪くないですが

自分の無料オファーはそいつらとは違う感が強く出てて

ちょっとしつこいかな。



トレンドせどりで稼ぐ


そしてこの谷平さんが稼いでいるビジネスモデルは

国内電脳せどり、つまり転売のノウハウになります。


そして利益の出る商品の探し方としては

日経エンターテイメントを読んでトレンドを先取りし

そこで需要とともに価格が上昇した商品を仕入れて売る

という、特に新しくもない手法のひとつですが

「利益が出る商品をツールが抽出してくれる!」

といった馬鹿げた案件と比べると

考え方を提供しているだけまだマシじゃないでしょうか?


「トレンドを追ってこれから値上がりする商品を仕入れる」

って当たり前のようなことですが実践していない転売初心者も多く

やってみると意外とハマって利益が出たりするから侮れません。


私も昔これで結構稼がせてもらった時期もあります。


勘違いしないよう補足しておきますが

この場合重要なのは日経エンターテイメントを読むことではなく

トレンドを追うという「考え方」の方で

日経エンターテイメントはその手段のひとつに過ぎません。


私の場合は普通にヤフーニュースを見ているだけで稼げていました。


でも見ている場所はヤフーのトップニュースではなく

トップからちょこちょこクリックした先にある

ゲームに特化したニュースサイトなんかを読んでいましたね。





これは世間一般の人とは少し視点をずらして

他のマイナーな部分から情報を得ることで

情報源においてライバルと差別化をするためです。


さらに自分はその情報を

「キングオブコント2015」⇒「コロチキ」⇒「さぁ」⇒「まもって守護月天!」


といった具合で派生させて

「まもって守護月天!」の漫画セットやDVDセットを売ったりしました。


正直この辺の考え方が身に付けば

転売では十分稼いでいけますので

別にこの谷平さんの案件に乗っからなくても

当たり前のことを真剣に取り組みさえすればいいのです。



Amazonで仕入れてAmazonで売る


後はこのノウハウの仕入れ先についてはAmazonを使っており

かなり画期的な発想のようにLPでは語っていますが

これも特に珍しいことでも何でもなく

だいたいの転売屋さんは普通にやってます。


こういう仕入れルートや販路に関しても

私は稼ぐための手段のひとつに過ぎないと考えているので

別にわざわざAmazonから仕入れることのみを意識しなくても

「Amazonでも利益が出るんだからヨドバシだったらもっと稼げるな」

くらいの広い視野を持っておく方がいいです。


谷平さんが言うようにAmazon仕入れを行うのも悪くありませんが

トレンドを狙うのであれば値上がり前に購入する必要があるため

どうしても多少の当たり外れは発生します。


このノウハウのデメリットとしては

トレンド商品をあつかっている分値上がり後の値下がりも早く

高値で販売してうっかり売れ残るようなことがあれば

そのまま不良在庫になっちゃうんですね。



この辺は利益率が多少低くても

確実に売れて回転の良いものと組み合わせた

在庫管理を覚えていきましょう。


基本的に、仕入れ資金が余らないうちは

回転重視の在庫で資金を増やすことに専念し

お金が余ってきたら売れ行きが多少落ちても利益率が高いもの

でバランスを調整していけばいいと思います。



利益の計算がおかしい


ノウハウの内容としてはそんなに悪くなかったのですが

なんせ利益を多く見せようと

手数料を考慮していない差額のみの金額を利益額とみなしており


この辺に情弱を狙った悪い部分が出ちゃってますね。




上記の場合、実際に手数料は5000円以上取られますので

正確な利益額は4409円で

利益率に関しては13%とだいぶ悪い数値になります。


LP冒頭であれだけ他の案件をディスっていた割には

結局、谷平さんもその他大勢とやっていることは変わらず

LP終盤なんかは色々な人の推薦文なんかも載せちゃって

言っていることとやっていることが全然違うところには

ちょっとがっかりですね。


ですので私はこの案件をオススメしません。


セミナーへ行ってバックエンドを売り込まれて

それに大金を払うくらいなら

そのまま仕入れ資金へ使ってあげて下さい。


もしくはアフィリエイトのような

転売より遥かに少ない労力で大金を稼げるビジネスモデルを

学ぶことに投資を行うのも手です。


ただ転売よりも努力は必要になりますので

途中で挫折しにくい点で優秀な下記教材を初心者さんには勧めています。

⇒MGAの記事に飛びます



もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ