池田光 フルオートマティックマネタイザーは怪しい匂いしかしない!?

こんばんは!!折原です。


ネットでは色々な情報商材が存在し、

稼ぐのに必要な作業時間の短さをアピールするものが沢山ありますが

その中でも1日の作業時間が30秒という

盛り加減がハンパない驚きの無料オファーがあったため、

その真意を確認し、みなさんにお伝えしようと思います。




【特定商取引法に基づく表示】

運営元会社名:グリーン株式会社

代表者名:池田光

URL:http://ikeda-hikaru.net/facebook/



魅力的すぎるキャッチフレーズ


セールスレターにもあるように

このノウハウのアピールポイントは下記になります。

■30秒以内の簡単操作で3分以内に報酬が発生する
■スキル・経験・知識を一切必要としない
■システムに任せれば勝手にお金を稼いでくれる



ネットビジネス初心者にとっては

どれも魅力的な項目に見えてしまうと思いますが、

今回の場合、これが稼げるか稼げないかは

3つ目の項目の「システム」に全てかかっていると断言出来ますよね?


つまり、このノウハウの善し悪しは

この池田さんが開発したシステムの善し悪しと言えて

もっと言えば、

このシステムを開発した池田さんのことを

信用出来るか、出来ないか


という意味でもあります。



Facebook広告で稼ぐという手法





動画における池田さんの説明によると

この誰でも稼げる手法とはズバリ

Facebook広告ということです。


セールスレターにも何度もアピールしている

「賄賂」というのは

実はこのFacebook広告費のことでした。


広告費が賄賂ということになれば

私たちが払っているお金の大半が賄賂になってしまいますので

どうやら日本語は苦手のようですね(笑)


話が脱線してしまいましたが、

つまり広告費を投資することによって

自分の広告をFacebook上で表示させて

そこから広告収入を得るという手法が今回のノウハウになります。


わかりやすく言えば

Facebook上で行うアフィリエイトです。


かけた広告費用の倍の収入が得られると言う今回の案件ですが

「このビジネスモデルは飽和しない」

と池田さんは言い切っています。


もしあなたが

「すごい夢のようなビジネスモデルだなぁ」

と思ったのであれば、

PPCアフィリエイトについて思い出して下さい。


PPCアフィリエイトも今回の案件と同じように

広告費用をかけて目立つ位置に広告を貼り、

そこから広告収入を得るという手法です。


このPPCアフィリエイトが流行っていた時の

投資金額の考え方も今回と同じで

稼ぎたい金額の半分を広告費用にする。

というものでした。


このPPCアフィリエイトは

一時期は簡単に稼げるビジネスモデルであり、

広告費を投資した分だけ稼いでいる人が続出したのですが

一旦稼げるノウハウがネット上でばらまかれると

それを聞いて参入者が増えていった結果、

ペラサイトに広告を貼っただけの

低品質な広告サイトが増えちゃったんですね。


そしてそうなると皆さんも十分予想出来ると思いますが

広告の掲載を行っている側も

ふるいにかけるという意味で

広告を掲載するための審査が当然厳しくなります。


そうなるとツールなどを使用して

質の低いコンテンツばかりを量産していたサイトの

広告収入は軒並み激減しました。


通常のアフィリエイトでもそうですが、

今はコンテンツが重視される時代です。


コピーやキーワード選定などのスキルも身につけず

小手先のワザだけで楽して量産したサイトは

広告を掲載する側の規約変更により

収入は簡単に消し飛びます。


池田さんは

「私がFacebookに大金を払っているのだから、規約変更はない」

と言い切っていますが、

これには何の根拠もありません。


例えそれを言っているのが

Facebook運営側の人間であったとしても

運営者が変われば、方針も変わりますし、

同じ運営者であっても、何かのきっかけで180°反対のことを言うことは少なくないですよね?


その規約が変わらないことを大前提としたシステムを

池田さんが開発したのであれば

それはもう、

細い糸のような命綱をつけて

高層ビルの窓ふきをしているのと同じです。



ちなみに

フェイスブックよりも1ケタ大きい1兆円台規模のAmazon市場さえ

競合による価格競争は普通におきていますので

まず飽和しないという神話は信じないようにして下さいね。



販売者は信頼出来るのか?


ここまでのレビューにおいて

このビジネスモデルやシステムの危うさは分かりました。


しかし、それも私の個人的な意見に過ぎないので

もしかしたら本当に稼げるシステムである可能性はあります。


システムの中身を明らかにしない以上、

このノウハウの中身に関する議論は進まないため、

別の角度からも、このノウハウの中身の信憑性を考えてみましょう。


それは最初にも述べましたが

いかに開発者である池田さんが信用できる人であるか

ということです。


そもそも年間5億円も稼いでいる人が

このような胡散臭い動画に出る必要は無いと思いますけど

どうでしょうか?


まず本当にシステムに自身があるのなら

こんな怪しいセールスレターではなく、

もっと商品の中身を明らかにした上で、正々堂々と販売をかけますけどね。


そうしないのは

もう言ってしまうと

中身が大したことないシステムである可能性が高いです。


報道ステーションでのショーンKさんが良い例ですが

過去の経歴はいくらでも偽れます。


ショーンさんは有名だから叩かれて明らかになっただけで、

そのへんの知られていない人が学歴詐称していようが、

世間が興味を持たなければ、それが暴かれることはありませんので

こういった動画に出てくる人の経歴を鵜呑みにしてはいけません。


別に私は

「池田さんの経歴は偽りだ!!」

と言っている訳ではなく

ただその人が何度も刷り込んでくることを

鵜呑みにせず、疑う心を持って欲しいということです。


特に情報業界では嘘が多いので。


ただ私は何の根拠もなく、

池田さんの信頼性を疑っているわけではありません。


100%稼げると謳いながらも

特定商取引法に基づく表示においては

下記のような逃げ道を残していること。





動画のコメント数よりも少ない動画再生数。








これらからも

池田さんを信用するのは少し怖いです。




まとめ


このビジネスモデルは特別なシステムに依存しているにも関わらず、

その中身は一切明らかになっていない点、

また開発者の信頼性が欠ける点において

私はオススメ出来ません。


また、このビジネスモデルの参考として

PPCアフィリエイトを取り上げましたが、

このPPCアフィリエイトは稼げない訳ではなく

実際に今も稼いでいる方は沢山います。


しかし、それはきちんとした知識やスキルを備えているからで

つまり稼げるようになるには、努力が必要なのですが、

一度身につけてしまえば

規約変更等の外的要因で売上が一時的に下がったとしても

十分に自分の力で立て直すことが可能です。


ですので、このFacebookのノウハウに関しても

本当に安定して稼ぎたいと思っているのであれば、

何も考えずにツールを使用するだけの表面的なノウハウよりも

知識やスキルを高めることに投資を行った方が断然オススメです。


アフィリエイトであれば下記教材とかですね。

⇒MGAの記事に飛びます。



もし今回の記事を見て

少しでも当ブログに興味を持っていただいた方は

ブックマークをして頂ければ幸いです。



情報商材 ブログランキングへ
⇒管理人の記事作成やる気がアップするスイッチ


また、レビューして欲しい案件なども受け付けておりますし、

酷い商材を購入した情報も共有して頂ければ

当ブログで注意喚起を強めることも可能ですので

困った時でもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

⇒何でも相談出来るお問い合わせはコチラから

(どれだけ時間が無くても全てのお問い合わせには必ず目を通しています)


また、折原の公式無料メルマガも配信中ですので

良ければこちらも是非、ご登録下さい。

⇒折原公式メルマガの登録はコチラ


2 Responses to “池田光 フルオートマティックマネタイザーは怪しい匂いしかしない!?”

  1. 匿名 より:

    最近お金に困っているせいか
    このような内容の動画を見ると
    嘘かも知れないとは思いつつも少し期待してしまう自分がいます。

    • 折原健 より:

      匿名さん、こんばんは。

      私も会社で嫌なことがあった時に
      自分の中の熱い衝動を止めれずに
      変な商材を購入してしまった経験はあります。

      夢を壊してしまうかも知れないのですが、
      今回のような無料オファーも含め
      情報商材の9割以上は稼げません。

      そのことを頭の片隅に置いておいてください。

      また熱くなった時に購入は止めて
      落ち着いた時に冷静に考えてみてください。

      それでもまだ迷うようであれば、またご連絡下さいね。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ